Inner Child

インナーチャイルド

Inner Child インナーチャイルド

あなたの内側で、今もあなたをずっとを待っている・・・もっとも鍵となるサブパーソナリティ (副人格) です。

こころの問題に取り組むとき、そこには「今ここ」ではない、遠い昔のこころの記憶が眠っています。
その傷は、今もあなたの内側で癒されることなく追いやられ、抑圧され、拒絶され続けているかもしれません。
あなたに発見されるのを、ただ、じっと待ちつづけているのかもしれません。

あなたは、これまで意図的に気付かないふりをしてきたのではなく、気付くことで、不安や恐れ、悲しみがリピートされないようにあなた自身を一生懸命に守ってきたのでしょう。

でも、想像してみてください。
気持ちに気づかないふりをしつづけていることで、本当にあなた自身を守れますか?
気づかなければ、思い出さなければ、その痛みはどこかに消えてなくなりますか?

たとえ記憶は薄れても、そこに残された感情が大きければ大きいほど、今もあなたに見えない痛みを、苦しみを、問題を投げかけているのではないですか?

それに気づいてあげられるのは、あなたを傷つけた存在ではなく、ましてや今あなたの側にいる誰かではありません。
あなた自身が気づき、受け入れないかぎり、あなたが解放されることはないのです。

インナー・チャイルドワークは、あなたにとって鍵となるインナー・チャイルドに出会うためのワークです。

そこに行けば、なにが必要かはおのずと理解できるようになります。
なぜなら、彼女 (彼) はあなた自身だからです。

大切なのは、判断を下すことなく、理論的に説くことでもなく、今現在のあなたが無条件で、インナー・チャイルドの想いを受け入れる姿勢です。
長い時間をかけて閉ざされつづけてきた感情は、あなたが受け入れようとすることでしか、開かれることはありません。
開かれることでしか、あなたがその痛みから解放される方法は見つかりません。

あなたとインナー・チャイルドとの関係が満たされることが、あなたの内側からあふれる愛となり、勇気となり、強さとなり、その後の取り組みに大きな影響を与えるでしょう。

インナー・チャイルドが変化することで、あなたに大きな信頼と愛情を表現してくれますよ。

あなたが、あなた自身にこころを開くこと、それが【インナー・チャイルドワーク】の目的です。