結果の出るヒーリングサロン*Healing Place 和 nagomi*

あなたの魂によりそう パーソナルセラピスト 上田和保です。

 

今日から3週ほど週末は東京で、新しい技術を学んでます!

 

+++++

エンパシー能力はギフトです。あなたのエンパシー能力を「あなたらしい才能」として、傷つくことなく全開にします!あなたがその場にいるだけで人々が癒される!私達本来が「何もかもうまくいく」自然のエネルギーの流れの中へと繋ぎ直します。限定24名の特別セミナーは、講師が一対一でフォロー!個人セッションはオーダーメイドのアチューンメント!BAWは私達の身体の中にあるポータルを開く鍵となり、私達のボディー・マインド・スピリットをフルに活用し、閉じたハートを開き、ワンネスのエネルギーを私達の現在のボディーへダウンロードするためのゲートを開きます。

〜 VOICEさんよりお借りしました 〜

+++++

 

自覚があるないに関わらず、度合いの違いこそあれ、全ての人が『エンパス(共感能力者)』と言われています。(特に日本人は)

ただ、その能力は「他者の肉体感覚や感情を自分のものとして蓄えてしまう」というもの。

自分のものではない痛みや感情に振り回されて、息苦しさを感じたり、疲労困ぱいになってしまっている多くのクライアントさまにお会いしてきました。

そして、私自身もそのひとりでした。

 

何ごとも実践派の私は、この能力の扱い方に気づくまで散々振り回されてきました(笑)

そして、実践から学んだことは「自分のものと他者のものを区別する」ということです。

例えば「言いたいことが言えない」という方にお会いすると、大抵のどの辺りに違和感を感じます。

詰まっている感じだったり、締め付けられる感じがしたり、感じ方は様々ですが、その感覚をたぐり寄せるようにしていくと、その方の言いたいことが言葉として浮かんでくることがあります。

セラピストとしては非常にありがたい能力なのですが、いかんせん使いこなすのは難しい。

ましてや、その方法をお伝えしたくても・・・私のやり方はかなりのリスクを伴うかもしれない。

 

講座初日にして、その基盤が見つかりました!

シンプルに「自分自身に近づく」ことと、そのツールを習慣にすること。

しかも、誰にでもできる方法なのですよ。

やっぱ、ローマン先生すごいなぁ。

ローマン先生直伝のツールを、必ず千葉に持ち帰りたいと固く決意するのでした。

6月以降、私と【レイキ&ハンドヒーリング 仁JIN】の吉田はこのメニューをお披露目できるはず(笑)

*Healing Place 和 nagomi* から最新情婦をプッシュ通知で受け取りましょう!