結果の出るヒーリングサロン*Healing Place 和 nagomi*

実現可能な幸せコンサルタント 上田和保です。

 

先日、おのころ心平さんのセミナーで両国へと行ってきました!

そのお話は、また後日にアップしますね。

ギューギュー詰めのバスになんとか乗り込んだものの、通勤のみなさんはこれが毎日って大変だなぁ〜って思いました。

 

私は、交通機関がとても苦手。

だから、毎日の通勤は・・・考えられない。

極端に言うなら、旅行とかも好きではないのかもしれないと思いはじめました。

私はお家が快適で、自分のお仕事に満足していられることがなにより幸せなのです。

そう考えると、なんとも小さい人間かもしれませんね(笑)

でも、私にとっては、とても贅沢なこととも思います。

 

人にはそれぞれ『自分サイズ』があると思います。

上手に調和してる人が、私にはとても魅力的な人に映ります。

近頃は、背伸びをしている人が多いかと思えば、過小評価すぎたり・・・なんともアンバランスな印象を受けることがよくあります。

背伸びと過小評価もまた、表裏一体。

過小評価すぎると、その反動で背伸びをしたくなるのかもしれませんね。

 

あと、人にはそれぞれ『役割』もあると思います。

シェアサロンのキャストさんと話してて「面白い!」と思ったことがありました。

 

先日、ブログに書いた「とても魅力的な方と一緒にお仕事ができるかも?」ってお話。

その方は、現在、ご自身のお仕事でちゃんと成功を収めている方です。

私たちのスピリチュアルな業界とは『はたけちがい』といえばその通りなのですが、その生き様はスピリチュアルそのもの。

ご自身の人生について、ひたすら内観を積み重ねている方なのです。

スピリチュアルって能力や技術や知識じゃなくて、生き様だと思うのです。

だから、私はその方の生き様は、誰にとってもとても参考になるものだと思ったのです。

 

面白かったのは、その件に関してのまわりの反応。

好奇心や憧れ、ちょっとした嫉妬。

様々な反応があって、私には意外でした。

でも、そのすべてが『羨ましい』ということなのだとわかりました。

 

その反応のちがいはなんなんだろう?

 

「自分に満足しているかどうか?」ということなのかもしれないと思いました。

自分を知って、自分をまっとうしようと思いはじめてから、私の中から『羨ましい』という感情はなくなっていました。

なくそうとしたのではなく、自然となくなっていたのです。

これは、私にとって本当に嬉しいごほうびでした。

 

自分と向き合うことを避ける人も多いですが、本当の自由はそこからしか生まれないのですよ。

 

昨日、生徒さんが話してくれたのですが・・・

「私、(私が一緒にお仕事をする方)さんに嫉妬したんです!」

と、笑顔で話す彼女は、とても楽しそうに見えました。

彼女の魂は「私もやりたい」「私もやっていいんだ」って言っているように感じました。

「自分に自信がないからできない」そう言って、自らがたくさんの可能性を閉ざしてしまっていた彼女が、自分の中にある『嫉妬』に気づいて受け止めたことで、その先の一歩をふみだそうとしている。

とても嬉しかったです。

 

彼女はきっと、彼女ならではの魂が喜ぶ役割を見つけるのだと思いました。

そして、彼女に変化のキッカケを与えてくれたその方も、「存在するだけで変化のキッカケを与える人」という役割なのだと思いました。

ちなみに、その方のエネルギーが加わったことで、サロンのいたるところで変化が超加速しています。

変わりたい方は是非、『完全無料のグループワーク 心の寺子屋』をお問い合わせくださいませ。

あと一歩が踏み出せない方にオススメですよ〜。